投稿者: admin_link-catering

ケータリングを開催する時には、様々なお集まりあってこそです。その中でも仕事始めの行事・イベントにてケータリングを開催される企業は年々増えています。

コロナ禍での仕事始めのケータリングは何が人気?

2020年よりコロナ禍となり、企業のイベントは大きく様変わりしました。今までも大きな変化として、働き方の多様化に合わせて外で宴会するのではなく、社内イベントとしてケータリングを開催される機会は非常に多かったです。

しかし昨年から今年にかけては、外での宴会自体が自粛の流れもあり、そもそもイベントを開催しないか、開催したとしても今までとは違った形で開催されるケースが増えました。

まず大きな変化としては、アルコールを飲まれないケースが大半です。仕事始めのケータリングにおいても、現在ご予約を頂いている中でフリードリンクをつけられるのは少数派です。

そのため、基本的には食事を中心として楽しむ。またフリードリンクがつかない分、より食事のプランを豪華にされるケースが増えています。

仕事始めで人気のケータリングプランは?

さて、仕事始めで人気のケータリングプランですが、まず予算としては一人辺り3,500円〜5,000円辺りで検討される企業様が多いようです。

仕事始めを今まで居酒屋やホテルで開催する場合、やはり飲み物がつきますので一人辺り5,000円前後が相場のようでした。

今年に関しては、仕事始めなので上記予算をそのまま仕事始めのケータリングとしてご注文いただくようです。

ただし、コロナ禍ということでサービススタッフも無しのデリバリーとして本当に社内にて楽しまれるケータリングが多いです。

京都の仕事始めケータリングの特徴

上述の通り、昨年の忘年会から今年の仕事始めのケータリングまで、サービススタッフの付くケータリングというよりかは、料理はそのままで使い捨て包材のためすぐに始められて好きな時に自由に追えられることのできるデリバリーが人気のようです。

またデリバリーに関しても、
・ケータリングのプランをそのままデリバリーに
・デリバリーパックで予算に合わせて注文
こちらの2パターンありますが、京都の仕事始めケータリングでは前者の方が人気のようです。

参加人数は10名〜30名様で仕事始めのケータリングのご予約をいただくケースが多いのですが、どのケースであれ、ご参加される社内の皆様が安心・安全を感じて仕事始めという大切なお集まりを楽しめるよう、しっかりと準備をさせて頂きます。

皆様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

リンクケータリングでは1月4日より年始の営業を開始しております。今年も昨年から引き続き、より一層お客様が安心・安全を感じながらケータリングを楽しんでいただけるように、料理・衛生など様々な視点でしっかりと準備を進めて参ります。

本年も引き続き、よろしくお願いいたします。

今年はコロナの影響もあり、関西での忘年会や納会を大きくし辛いと感じられる企業・団体の幹事様が多くよくご相談を頂戴しております。

少しでも気持ちよく忘年会・納会ができるように最大限の対策をしてケータリングやオードブルのデリバリーをお届けさせて頂いておりますが、そのような中でも最近は老人ホームやサービス付高齢者住宅、デイサービスでのケータリングのご予約が多く頂いております。

何故デイサービスなど高齢者施設でのケータリングが多いのか?

例年はこの時期になると何かしらのイベントは開催されているようですね。基本的には内部で開催されるとのことですが、今年はイベント自体はどうしても縮小の流れにあるようです。

しかしながら、年に一度の大切なタイミングですので、何かしらのイベントは開催させたい。ではその手段として何をするのか?この一つとしてケータリングをお選びいただく機会が多いようです。

そのため、ご参加者様を10名くらいに区切り、3日連続でのケータリングを開催されるなどのケースも多くございます。

リンクケータリングではこのような連日のケータリング対応も可能ですので、その際はお気軽にお申し付けください。

デイサービスなど高齢者施設のケータリングで人気のプラン

ケータリングでは食事のプランだけでなく、ドリンクのプランもございます。デイサービスなど高齢者様向けの施設でケータリングを開催する場合、基本的にはドリンクプランを選ばれることは稀です。

基本はフードのみのケータリングプランにて開催されることが多く、ご予算としてはお一人様2,000円〜3,000円くらいでのご用意が多いです。

また食事も重めが中心というよりかは、とりわけやすく、かつ食べやすいものをご希望されることが多いです。

このような背景から、ピンチョスを中心とした設計にしてご予算に合わせてのカスタマイズプランとしてケータリングをお届けする機会が多いです。

デイサービスなど高齢者施設のケータリングで多いご要望

またデイサービスなど高齢者様向け施設でケータリングを開催する際に最も施設長さん始めご参加の皆様が気にされるのは感染症対策です。

下記はリンクケータリングで実施している内容の一部となりますが、やはり安心・安全への取り組みを徹底するのは本当に大切になってきます。

・従業員の検温
・従業員のマスクや手袋着用
・料理の取り分けが密にならないように対策
・マイトング、マイ手袋の配布
・大皿盛りではなく個別盛り付け

この辺りがご要望として多い内容となります。どのようなケースにしても、しっかりと楽しむためには安心・安全が大切だと思います。

特に高齢の方がご参加されるケータリング になりますので、万が一が起こり得ないような対策を徹底しつつ、美味しいお料理と素敵な空間をお届けすることで、年に一度の忘年会・納会の時間が素敵なものとなるサポートをしっかりとさせていただきます。

ケータリングを開催される利用シーンとしては、企業の懇親会・団体の懇親会・学校の謝恩会・同窓会などがあると思います。

食事を徹底的に楽しみたい!このようなニーズよりも、せっかくならばおしゃれにケータリングを開催してパーティーを彩りたい。このようなご相談を多く頂戴します。

では、おしゃれなケータリングを開催するには何が必要なのでしょうか?本日はその内容に関して見ていこうと思います。

京都でおしゃれなケータリングの装飾とは?

ケータリングのポイントは何といっても「装飾」です。会場のご参加の皆様が入られた時に「素敵!」と思ってもらえるかどうか。この辺りが重要なポイントになって来ます。

「装飾」もただ飾るだけでなく、大切なのは季節感があるかどうかです。春であれば桜を感じさせるもの、夏であれば緑の力強さを感じさせるもの、秋なら紅葉を感じさせるもの、冬なら雪やクリスマスを感じさせるもの。

この辺りは一例ではありますが、やはりご参加者様に喜ばれる傾向にあります。

また、京都でケータリングを開催するときには、他府県からの参加者様が多いというケースも多々あると思います。そのような時には、京都らしさを希望されることも多いです。

京都らしさとは何か?という部分ですが、料理自体は西洋料理・洋食が良かったとしても、装飾はその時々の京都のイベントの内容に即したものも人気です。

例えば、2020年であれば祇園祭は残念ながら開催されませんでした。これをケータリングの装飾として形作るイメージです。

まずは「見た目」でワオ!と感じていただけるかどうか。この辺りもケータリングのポイントになって来ます。

京都でおしゃれなケータリングの料理とは?

ケータリングの料理として人気になるのは、
①ピンチョス系
②温かい料理
③デザート
この辺りがポイントになって来ます。

①のピンチョス系に関しては、見た目の華やかさだけでなく、やはりお召し上がり頂く皆様が取り分けやすく、かつ食べやすいメリットがあります。

ケータリングは食事に徹底して集中するというよりかは、コミュニケーション・おしゃべりをより円滑に楽しみたいというお声が多いです。この時にピンチョスはやはり魅力的です。

②温かい料理に関しても、お料理としての価値を高めてくれます。オードブルのパーティーも良いですが、どうしても料理自体は冷めてしまいます。ケータリングの魅力は、温かい料理は熱々で食べることができ、ドリンクも生ビール含めて様々な種類を楽しめることにあります。

京都の最近のケータリングのトレンドは?

最近のトレンドとしては、やはり「ご参加者様の安心感」です。せっかくケータリングを行うなら、後ろめたさなく楽しみたい!このようなお声も多いので、

・個別のトング
・個別の手袋
・料理の個別盛り込み
・入り口に消毒の設置
・従業員のマスク

などなど、この辺りは幹事様と一緒にどのようなスタイルが良いか?を決めて進めていく感じです。

せっかくケータリングを開催するならおしゃれにしたい!そのような時に、上記が幹事様の参考になれば幸いです。

年末の大きなイベントと言えば、クリスマスパーティーに忘年会。忘年会の人気ケータリング に関しては先日のブログに書かせていただきましたので、今回はクリスマスパーティーのケータリング に関して書いています。

クリスマスにケータリング?

クリスマスにケータリングを開催するの?と思われるかもしれませんが、最近では新しい楽しみ方として増えてきています。

企業様からのクリスマスケータリングのご依頼の場合は、比較的「外資系」と言われるところからのご注文が多いです。大切なクリスマスと言うイベントだからこそ、社内行事として早めの時間から行い、18時半〜19時くらいには散会できるご予定を組まれることが多いです。

またタイミング的には年末ということもあり、忘年会をこのクリスマスケータリングと合わせて開催されることも多いです。そのため、ケータリングを開催しつつ、一年間の振り返りや、従業員さんの表彰イベントなども合わせて実施される機会もよくあります。

またこのようなお祝いの要素が強いイベントということもあり、フリードリンクにシャンパンやスパークリングワインを個別銘柄で追加されることも。リンクケータリングではプラン内にシャンパンやスパークリングワインを入れてはいませんが、もちろん追加可能でございますので、いつでもお申し付けください。

2020年に関してはコロナウイルスの影響もあり、提供スタイルに関しては気にされる幹事様が多いです。今のところ最もポピュラーなスタイルは、

・入り口にアルコールの設置
・参加者全員に個別のトング・手袋の配布
・料理を取りに行く人数は制限して行う

この辺りが多いです。個別のお皿に盛り付けることも可能ですので、ケータリングパーティーのコンセプトに合わせてお申し付けください。

個人様からの注文に関しては、ご家族が複数集まられてのイベントであったり、女子会で御用命いただくことが多いです。ケータリング はお一人様辺りのご予算で決めますが、ドリンクは持ち込みを行い、食事のみの提供ももちろん可能です。

そうなると、居酒屋などで宴会・パーティーをするよりも低予算で楽しむことができるため、この辺りも人気になっています。

クリスマスのケータリングの予算感は?

企業様・個人様のクリスマスケータリングかどうかは問わず、どちらもお一人様辺り5,000円〜でご予算を組まれるケースが多いです。

やはり年末ということもあり、通常の時期よりも少し豪華に贅沢に楽しみたい。このようなお声が多いです。そのため、お食事もより温かいメニューを豊富に準備して参ります。

また上述のとおり、お祝いということでフリードリンクに追加してシャンパンやスパークリングワインを一人ずつに準備することもあり、少しいつものシーズンよりも高まる傾向にあります。

特に今年は歓送迎会の時期からケータリングを宴会された企業様も多く、やっと年末にイベントができるということで、通常よりも豪華に開催される企業様も多いです。

クリスマスのケータリング に人気の装飾

クリスマスでのケータリングの場合、通常のケータリングよりもよりクリスマスらしさが大切になってきます。

サンタさん・雪だるまなどは前提として、クリスマス限定のオーナメントが人気です。モチーフやリボン、ツリーやガーランドだけでもすごくクリスマスの雰囲気が出ます。

リンクケータリングにてクリスマスのケータリングをご依頼いただく際は、ぜひクリスマス装飾の希望の旨をお伝えくださいませ。

クリスマスケータリングのまとめ

今年一年の総まとめとして楽しむクリスマス。大切な同僚の皆様やご友人の皆様と一年を労い、そして来年への活力となるよう、パーティー・懇親会自体が盛り上がるのが大切になります。

その際、幹事様が料理に関しても時間を取られると非常に大変ですので、お料理に関してはリンクケータリング に任せていただき、ぜひ幹事様もクリスマスパーティーを楽しめるケータリングのお時間になるようサポートさせていただきます。

早いもので2020年も忘年会でのケータリング のお問い合わせを今月辺りから頂戴するようになりました。

特に今年はコロナウイルスの影響もあり、多くの企業が3月4月の歓送迎会ケータリングを中止にされました。忘年会もそのまま中止かな?という雰囲気もありましたが、徐々に経済活動が再開する中で、「せっかくなら最後に盛り上がろう!」と言う声も多いようです。

忘年会に人気のケータリング予算とは?

さて、忘年会に人気のケータリング予算ですが、例年では一人あたり5,000円(税抜)が一番多いプランでした。幹事様もそれぞれから金額を徴収しやすかったり、会社の経費でケータリングを開催できる場合は、その金額が予算上限というのも多いようです。

今年に関しては、忘年会と言えどもアルコールは控えようと思っている。このようなお声も多く、お食事のみのプランでご検討されるケースも多いようです。

予算自体は上述の通りあるため、「食事のみで4,000円〜4,500円」この辺りでご予算を組まれ、いつもよりも質が良いものを楽しみたい。

このような社内ニーズからケータリング の予算を組み、お問い合わせを頂戴しております。

忘年会に人気のケータリングでの演出とは?

アルコールを除き、その分食事のグレードをアップする。

それ以外に演出として希望されるのがやはり「表彰」です。特に今年は変化が激しかった一年ですので、より社員さんやチームメンバーさんを忘年会ケータリングにおいてお祝いしたい。このようなお声を頂戴しております。

リンクケータリングではケータリング の演出として、
・ビンゴの準備
・スパークリングやシャンパンの準備
・バルーンの準備
など、少しでも忘年会が盛り上がるサポートをさせて頂きます。上記は一例ですので、「こんな事はできないの?」と言うことがあれば、気兼ねなく仰ってください。

忘年会のケータリングでも必要な感染症対策とは?

少しずつ経済活動が再開する中でケータリング も徐々に開催されていますが、やはり幹事様が気にされるのは感染症対策。

どこまでの対応を行うか?ここで見た場合、基本的にはご参加者様の声などで決められることが多いようです。

リンクケータリングとしては、
・従業員のマスクや検温の徹底
・入り口に消毒スプレーの設置
・トングや手袋を個別で準備
・食事は大皿盛りではなく個別包装

上記もご要望に合わせて対応しております。

1年の最後を締めくくる忘年会。この大切なお集まりのケータリングがより良いものになるよう、リンクケータリングとしても徹底して安心して頂きながら、美味しい食事・魅力的な装飾をモットーにお届けさせて頂きます。

ケータリングの現行

コロナウイルスが猛威を奮出してから、
多くの企業様で社内行事やイベントなどを
中止に、もしくは延期とされる機会が多かったと思います。

実際ケータリング界隈では2月辺りから徐々に
上記の流れが出始めておりまして、
3月からそれが完全に加速しました。

そして緊急事態宣言〜それの解除になって以降、
7月頃にはまた徐々にケータリングのお問い合わせや、
実際にサービスさせていただく機会も。

この時には、本来4月や5月に行うはずであった、
送別会・歓迎会・内定者懇親会などの
各種社内行事のケータリングを日程を
ずらして開催される機会が多かったです。

その後、7月後半から感染者数が拡大し、
東京・大阪という主要都市が一部エリアではありますが、
夜間の営業短縮の依頼が入ることに。

この辺りでケータリング自体が再度少なくなりました。

ただ9月に入りまた徐々にお問い合わせが増え、
東京の緊急レベルが一段階引き下がったことで、
徐々に社内懇親会を開催される流れになってきているようです。

幹事様が気をつけられる点

風潮としてはそのような流れではありますが、
幹事様としてはご参加されるメンバーに対して
かなり気を使われています。

リンクケータリングでもコロナ禍における
ケータリング対応にて様々なお問い合わせを
頂戴しますが、本当にご参加社様次第で
内容も変わってきます。

例えばですが、

<部署内の10名前後のケータリング>
これは個々人が気を付ける事を前提に、
以前とあまり変わらないスタイルでの
ご依頼が多いです。

部署内であるということ、
懇親会としては少人数であるということが、
実施スタイルに反映されています。

<部署横断の20名〜50名のケータリング>
これに関しては感染症対策を徹底して
行いたいというご要望が多いです。

・使い捨て手袋は個々人分をご用意
・トングも個々人分をご用意
・お食事を取られる際はマスクor会話を控える
・料理は可能な限り個別盛り込み

このような対策を行い、
ケータリングを開催するケースが多いです。

また50名以上のパーティーに関しては、
まだまだ開催自体がない状況ではあります。

少人数にして複数回開催するか、
来年に向けてのスケジュールを組むか。
この辺りでのご対応のケースが多いです。

リンクケータリングのコロナ対策

その中でリンクケータリングは
どのようなコロナ対策をしているのか?

上記の内容と重複するところもありますが、

・社内スタッフに関して
健康管理の徹底、マスク着用、手袋着用など

・現地に関して(個別対応)
個々人分の使い捨て手袋やトング、
ご参加者様がお持ちでない時ようのマスク、
入り口に消毒スプレーの設置など

上記は一例ではありますが、
不安なく開催できるように準備しております。

ケータリングではなくデリバリーオードブルという手段

コロナ禍においては、
ケータリングまでフォーマルなものではなくとも、
デリバリーオードブルで良いというケースも多いです。

デリバリー・オードブルと言っても
料理クオリティが下がることはありません。

サービススタッフがつき、準備・搬出の対応があるかどうか。
また飲み放題がつくかどうか。

この辺りの違いですので、お食事のみで社内で対応する。というケースでは、
ケータリングではなく、デリバリー・オードブルの方が正直多いです。

またオードブルの場合だと、大皿盛りではなく、
個別の容器に入れた個別包装も可能です。

これによって、ご参加者様も自分のものをとるだけで
安心してパーティーを楽しむことができます。

上記は一例ではありましたが、
リンクケータリングのコロナ対策のケータリングパーティーとなります。

それ以外にご要望などございましたら、
一つ一つ対応しておりますので、
気兼ねなくいつでもご相談くださいませ。

関西圏も大阪の難波エリアでの夜間営業短縮が解除され、
徐々にケータリング・デリバリーが増えてきており感謝です。

全てはお客様のご要望に合わせながら、
感染症対策のお食事を提案させていただいております。

大切なお集まりだからこそ、より良いものになるように
しっかりとご準備させて頂きます。

リンクケータリング対応エリア
対応エリア

リンクケータリングでは、京都府を中心に、
大阪府、滋賀県、奈良県に出張料無料でアツアツのお料理をお届け致します。
出張料金は無料ですが、地域ごとに最低注文金額を定めております。
最低注文金額に関してはお気軽にお問合わせ下さい。

大阪府
大阪市 / 豊中市 / 高槻市 / 枚方市 / 東大阪市 / 吹田市 / 茨木市 / 寝屋川市 / 箕面市
京都府
京都市 / 向日市 / 長岡京市 / 宇治市 / 城陽市 / 八幡市 / 京田辺市 / 木津川市 / 亀岡市 / 南丹市
滋賀県
大津市 / 草津市 / 守山市 / 栗東市 / 野洲市
奈良県
奈良市 / 生駒市
お見積もり・ご相談
TOP